日テレNEWS
政治
2017年8月25日 17:33

小池氏“側近”が会談 新党結成へ加速か?

小池氏“側近”が会談 新党結成へ加速か?
(c)NNN

 小池東京都知事と近い若狭勝衆議院議員と無所属の松沢成文参議院議員、民進党を除籍処分となった長島昭久衆議院議員の3人が25日朝、都内で極秘に会談し、新党の結成に向けて協議した。新党結成に向けた動きは今後加速するのか、国会記者会館の青山記者に聞く。

 来年末までには衆院選があり、早期解散の可能性も取りざたされる中で、選挙で不利とされる無所属の国会議員たちが早く準備を進めたいと考えるのは当然。

 ただ、新党が広がりを見せるかは何と言ってもオリンピックや築地市場の移転問題を抱える小池都知事がどこまで本気で国政に絡んでくるかが鍵となる。

 民進党の前原元外相も「人気があるのは小池知事で若狭議員ではない」と語るなど、小池知事の関与が新党の評価を決めるとの認識を示している。

 もう一つの焦点は野党第一党の民進党の動向。今後も民進党から離党者が相次いで新党への人材供給が続くのか、それとも新たな代表の下で結束を取り戻すのかが新党の行方に影響を与える。

 新党の動きは安倍首相の解散戦略にも関わってくる。自民党内には新党の準備が整わないうちに総選挙に打って出るべきだという意見が強まっている。

 閣僚の1人は「救命ボートに乗り移ろうという人たちの新党に期待が集まるわけがない。今なら勝てる」と話す。一方で、政権幹部は「よほど支持率が良くなれば別だが基本的には解散は来年秋だ」としている。

 世論の動向をにらみながら、今後の政局は混沌(こんとん)としてきそうだ。