日テレNEWS
政治
2017年11月2日 1:09

安倍首相、補正予算案編成の方針を示す

安倍首相、補正予算案編成の方針を示す
(c)NNN

 1日に召集された特別国会で、安倍首相は第98代内閣総理大臣に選出され、第4次安倍内閣が発足した。これを受け、安倍首相は会見し、年末に向けて今年度の補正予算案を編成する方針を示した。

 安倍首相「責任の重さを深く胸に刻み、謙虚な姿勢で真摯(しんし)な政権運営にあたってまいります」「この後の閣議において、補正予算の編成を指示する考えです。32万人分の保育の受け皿整備を進めていく、子育て安心プランの前倒し実施に必要な予算を措置いたします」

 また、自民党が検討している国会での野党議員の質問時間を減らして与党議員の時間を増やすことについては、与党の議員も有権者の期待に応えるため、国会で質問することは当然との認識を示した。

 憲法改正のための国民投票を再来年の参議院選挙と同時に行う選択肢はあるかとの質問に対して、「スケジュールありきではない。そうした議論を私がする考えはない」と述べた。

 また、来年4月に任期を迎える日銀の黒田総裁を続投させるかどうかについては、「私は黒田総裁の手腕を信頼している」とする一方で、「人事についてはまったくの白紙だ」と述べるにとどまった。