×

寺田総務相の地元後援会代表「自分が今、代表をつとめているとは知らなかった」

2022年11月4日 13:26
寺田総務相の地元後援会代表「自分が今、代表をつとめているとは知らなかった」

寺田総務大臣の地元後援会の代表が「今、自分がつとめているとは知らなかった」などと話していることが分かりました。

広島県竹原市にある寺田大臣の後援会の代表はNNNの取材に対し、「自分が今、代表をつとめているとは知らなかった」「憤りを感じる」と話しています。

この他にも、収支報告書に亡くなった人が会計責任者として記載されるなど問題が相次いでおり寺田大臣は、会見で陳謝しました。

寺田総務大臣「竹原後援会において判明した事務的なミスについては、率直にお詫びを申し上げたい」

寺田氏の事務所は後援会代表の発言を受け「後援会から代表就任を依頼し、現在も就任いただいているのは確かです」とコメントしていますが、寺田大臣は会見で新しい代表を探す考えを明らかにしました。

また、野党側は寺田大臣の辞任を求めていますが寺田大臣は「引き続き、職責を果たしていきたい」と述べました。

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 寺田総務相の地元後援会代表「自分が今、代表をつとめているとは知らなかった」