×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 岸田首相、自民党・麻生副総裁と会談 “ウラ金疑惑”安倍派幹部5人の処遇など協議

岸田首相、自民党・麻生副総裁と会談 “ウラ金疑惑”安倍派幹部5人の処遇など協議

2023年12月9日 23:31
岸田首相、自民党・麻生副総裁と会談 “ウラ金疑惑”安倍派幹部5人の処遇など協議

岸田総理大臣は、自民党の麻生副総裁と総理公邸で会談し、松野官房長官らウラ金疑惑が指摘されている安倍派幹部5人の処遇など今後の対応を協議しました。

岸田総理は、麻生副総裁と会談し、松野官房長官や自民党の高木国対委員長、世耕参院幹事長らウラ金疑惑が指摘されている、安倍派幹部5人の処遇など、今後の対応について話し合いました。

岸田総理は、松野氏ら要職に就く安倍派幹部5人を交代させることも含め検討していますが、麻生氏の周辺によると麻生氏は、松野氏らの交代には「影響が大きすぎる」との理由で慎重だということです。

会談の詳細はわかっていませんが、当面、どのような対応を取るか、一定の方向性が定まった可能性もありそうです。

一方、疑惑が指摘されている世耕氏は参院幹事長を辞任しない考えを示しました。

自民党・世耕参院幹事長
「捜査段階に入っている。私が発言することが捜査に影響を与えてはいけない。詳しくご説明することはできない。(辞任するかについて)私自身はしっかり職責を全うしていきたい」

高木氏は地元で支持者向けの会合を開き謝罪しましたが、その後の取材には「適切に対応する」と繰り返し、役職を辞任する考えはないことを明言しました。

自民党・高木国対委員長
「慎重に事実関係を確認して適切に対応していく。職責をしっかりと全うすることが今の私の務めだと思っております」

また、茂木幹事長は再発防止策として「派閥のパーティーであっても、党本部もしっかりと問題が無いかどうか確かめる」との考えを表明しました。そのうえで「こうした措置を取ることで国民の信頼回復をはかっていきたい」と強調しました。