×

ウラ金疑惑指摘の安倍派幹部5人、交代を含め処遇を検討

2023年12月9日 17:16

岸田首相は、松野官房長官らウラ金疑惑が指摘されている安倍派幹部5人について、交代を含め処遇を検討していることがわかりました。中継です。

複数の政府関係者や自民党幹部が「松野官房長官だけ辞めて済む問題ではない」という認識を示しています。岸田首相は疑惑が指摘されている安倍派幹部5人を交代させることも含め検討しています。

最初にウラ金疑惑が指摘された松野官房長官は、会見や国会で説明を拒み続けていることもあり、政府与党内では辞任は避けられないとの見方が大勢となっています。

ただ、自民党の高木国対委員長や世耕参院幹事長らほかの安倍派幹部4人も、松野氏と同じ構図で疑惑が指摘されていて、政府与党内では「松野さんだけ辞めて済む問題ではなくなっている」との声は高まっています。

こうした中、ある政権幹部は「辞めるのは松野氏だけではない。松野氏だけ先に辞めるか、みんな一気に辞めるのか、検討することになる」と明らかにしました。

岸田首相は、松野氏をはじめ、要職に就く安倍派幹部5人を交代させることも含め検討しています。

時期について、首相周辺は「会期中は考えにくい」と話しており、来週13日に臨時国会が閉会した後にも人事を行うことを検討しているとみられます。

一方、安倍派に所属し、収支報告書に記載せずキックバックを受けていたとみられる世耕参院幹事長は、記者団の取材に応じました。

世耕参院幹事長「捜査段階に入っている。私が発言することが捜査に影響を与えてはいけない。(Q.辞任するか)私自身は、しっかり職責を全うしていきたい」

また、茂木幹事長は「深刻に受けとめている」と改めて表明した上で、次のように述べました。

茂木幹事長「派閥のパーティーであっても、党本部も、それにしっかりと関与をして、問題がないかどうか確かめる 」

茂木氏は「こうした措置を取ることで、国民の信頼をはかっていきたい」と強調しました。