×

岸田首相 派閥の会長辞め、離脱の意向固める

2023年12月7日 13:45
岸田総理大臣が、政治資金パーティーをめぐる問題への対応に向け、自ら率いる派閥の会長を辞め、派閥を離れる意向を固めたことがわかりました。中継です。

岸田総理周辺は、パーティー問題の根幹に「派閥」に対する厳しい見方があるとして、「総理自らが派閥を離れ、信頼回復に努めることが必要だ」と話しています。

自民党幹部によりますと、岸田総理は総理大臣・党の総裁でいる間は、自らが率いる岸田派=宏池会を離脱する意向を固めたということです。岸田総理は周辺に、「派閥を離れる、会長から退く」と伝えました。

これまで就任後、派閥を離脱する総理が多かった中、岸田総理は派閥の会長を続けていましたが、最近は、派閥の定例会合には参加していませんでした。

こうした中、派閥パーティーをめぐる問題が起き、総理側近議員からも「会長を辞めるべきだ」との声があがっていました。

総理周辺は、派閥を離れる理由について、「党の信頼を回復するためには、派閥の会長でいるのは適当でないからだ」と話すなど、派閥から離れ、中立な立場で問題対応にあたる狙いがあるとみられます。

新しい体制については幹部らが協議して決める予定で、会長ポストは空席にする方向で調整が続いています。