×

【全文】皇后さまご体調への医師団見解(宮内庁公表)「ご回復の途上にあり、依然としてご体調には波」

2023年12月9日 0:00
【全文】皇后さまご体調への医師団見解(宮内庁公表)「ご回復の途上にあり、依然としてご体調には波」

皇后さまは12月9日に還暦、60歳の誕生日を迎えられました。

お誕生日に合わせて公表された医師団の見解には、皇后さまのご体調には依然として波があるとしつつ、回復に向かわれていることがうかがえる記述が見られました。

天皇陛下を支えながら、国民が直面している様々な困難を気遣い、出来る限り国民との触れ合いの機会を大切にされようと努められているという皇后さま。大学卒業に向けた論文の執筆に取り組む愛子さまを、母として温かく見守られているということです。

医師団見解の全文をご紹介します。

【皇后陛下のお誕生日に際しての医師団見解】(表記は宮内庁公表のまま)

皇后陛下におかれましては、これまでも医師団が説明いたしております基本的な考え方を踏まえながら、引き続き御治療を継続していただいております。

本年は、都内行幸啓につきましては、お一方でお出ましになった5月の全国赤十字大会や7月のフローレンス・ナイチンゲール記章授与式、両陛下でお出ましになった5月及び11月の園遊会、8月の全国戦没者追悼式などをあわせ、24回に及ぶお出ましをなさいました。

地方行幸啓につきましては、岩手県、北海道、鹿児島県並びに石川県にお出ましになった他、近隣の神奈川県(2回)やオンラインで福島県にお出ましになりました。さらに、6月には、御負担を勘案して一部宿舎に滞在されることとするなど御日程を工夫しつつ、念入りに御準備をなさり、インドネシアを国賓として御訪問になり、温かい歓迎をお受けになりました。

皇居では、宮殿などでの行事に臨まれたほか、感染防止に十分配慮されつつ、今年も御養蚕に取り組まれるなど、御活動を続けられました。

皇后陛下には、天皇陛下をお支えになりながら、国民が直面している様々な困難を心から気遣われ、出来る限り国民との触れ合いの機会を大切にされようと努めていらっしゃいます。また、大学での日々の授業や課題、御卒業に向けた卒業論文の執筆などに取り組んでいらっしゃる愛子内親王殿下を母親として温かく見守っておられます。

今年は幸い、御静養のため、お三方で4月に栃木県の御料牧場、8月から9月にかけて同じく栃木県の那須御用邸にお出ましになることがおできになりました。

このように皇后陛下は工夫を重ねられ、御体調を整えられながら、努力して御活動を続けていらっしゃいます。

一方で、皇后陛下には、御快復の途上にあり、依然として御体調には波がおありです。そのため、大きい行事の後や行事が続かれた場合には、お疲れがしばらく残られることもあります。

本年は都内行幸啓に加えて、地方や海外など、様々なお出ましをなさるとともに、御所や宮殿での行事も増えていらっしゃいます。そのような中でお疲れが残らないよう、御散策などの御運動や気分転換のためのお時間を含め、十分な御休息をおとりいただきたいと、医師団としては考えております。また、かねてから皆さまにお伝えしているところではありますが、公的なものに加え、私的な部分でも御活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えております。

皇后陛下には、これまで同様、周囲の方々の理解と支援をお受けになりながら御治療を続けていただくことが大切ですので、引き続き温かくお見守りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【全文】皇后さまご体調への医師団見解(宮内庁公表)「ご回復の途上にあり、依然としてご体調には波」