日テレNEWS
社会
2015年1月3日 20:22

福岡市筥崎宮 伝統行事「玉せせり」

福岡市筥崎宮 伝統行事「玉せせり」
(c)NNN

 締め込み姿の男たちが木製の玉を奪い合う伝統行事「玉せせり」が福岡市の筥崎宮で行われた。

 玉せせりは、重さ8キロの木製の玉を、競り子と呼ばれる男たちが奪い合いながら、筥崎宮に奉納する神事。玉に触れて頭上にかざすと、幸運を授かるとされていて、競り子たちは激しく玉を奪い合った。

 競り子は陸組と浜組に分かれていて、陸組が玉を奉納すれば豊作に、浜組が納めれば大漁の年になるといわれている。

 今年は陸組が奉納し、約5万人の観客から大きな歓声が上がっていた。