×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “大麻グミ” 製造・販売会社社長が取材に応じる 麻薬取締部などが立ち入り調査

“大麻グミ” 製造・販売会社社長が取材に応じる 麻薬取締部などが立ち入り調査

2023年11月17日 21:47

いわゆる“大麻グミ”を食べた人が、病院に搬送されるケースが相次ぎ、問題となっています。17日、製造・販売会社が取材に応じましたが、その直後、厚生労働省の麻薬取締部などが、店などに立ち入り調査に入りました。

    ◇

救急搬送される人が相次いでいる、いわゆる“大麻グミ”問題について、17日午前、製造・販売会社が取材に応じました。

グミ製造・販売会社 社長
「弊社商品ページには、未成年と初心者の方および慣れてない方への使用、他人への譲渡・二次配布は控えるような注意書きをしております。お酒や市販薬と同じで、用法用量を守って正しくお使いくださいとしか、我々は言えないです」

大麻成分に似た、合成化合物「HHCH」が含まれている、と記載がある“大麻グミ”。「HHCH」は法律で規制されていないため、今年4月からグミを売り始めたといいます。

グミ製造・販売会社 社長
「我々は半年以上前から『HHCH』を摂取していますが、今のところ人体への影響はございません」

    ◇

ただ、新たな被害は、17日も明らかになっています。

場所は、東京・新橋です。捜査関係者によりますと、先月7日、飲食店で行われたイベントの参加者が、“大麻グミ”を続けて4個食べ、一時、意識不明になり、病院に搬送されたということです。

このグミは、グミを食べた参加者の知人が、渋谷区の飲食店の店員から「合法だ」と説明を受け、購入したものだといいます。

“大麻グミ”で、相次ぐ健康被害。

今月3日、東京都内の押上駅では、“大麻グミ”を食べた20代の男女4人が病院に搬送されました。その翌日には、東京・小金井市で開催された祭りで配られたグミを食べて、男女5人が病院へ運ばれました。15日にも、東京・板橋区のマンションで、20代の男女2人が病院へ搬送されました。大阪では、“大麻グミ”を食べたとみられる若者ら十数人が、体調不良で病院に運ばれています。

製造・販売会社によりますと、これまでにも、体調不良の報告があったといいます。

グミ製造・販売会社 社長
「数か月に1件、2件程度です。いずれも食べ過ぎによる、もどしてしまう状態になっている方がいらっしゃいます」

――どういった形で、もどしたのか?

グミ製造・販売会社 社長
「私はもどしたことがないので、把握はしていないです」

――“脱法”という指摘に関する、違法性の認識は?

グミ製造・販売会社 社長
「我々が販売している物は、違法な成分ではないので、脱法ではない」

    ◇

しかし、体調不良の訴えが相次いでいるため、国も動き出しています。17日午後、 厚生労働省の麻薬取締部などは、大阪にある店舗などに立ち入り調査に入りました。

厚生労働相は――

武見厚労相(17日午前9時すぎ)
「今後、薬物が特定されれば、速やかに指定薬物としての指定を行い、所持・使用・流通を禁止することを検討しています」

大麻成分に似た合成化合物「HHCH」の規制を検討すると発表。

製造・販売会社は「規制されたら、別の成分で対応する」としていますが、厚労省は、今後も類似の「大麻成分に似た合成化合物」を含む製品が販売される可能性があるとして、“包括的な薬物指定”も検討するということです。