×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 3連休最終日…「スポーツの日」各地でイベント 大分・別府市では“世界一短い”徒競走

3連休最終日…「スポーツの日」各地でイベント 大分・別府市では“世界一短い”徒競走

2022年10月10日 19:03

3連休最終日の10日は、北日本を中心に大気の状態が不安定となっていて、雨や風が強まり、荒れた天気となりました。関東の南部では、午前中はすっきりしない天気でしたが、午後になって気温が上がり、蒸し暑くなりました。また、各地でさまざまなイベントが開催され、大分・別府市では、距離わずか10メートルの“世界一短い”徒競走が行われました。

   ◇◇◇

10日午前11時半ごろ、東京・原宿を歩く人たちは、冬の装いでした。東京都心では最低気温14.7℃と、午前中は北風が冷たく感じる寒さに。

街の人
「冷え込むかなと思って、ちょっとあたたかめで来ました。アウターとか結構出してます」

「10日も肌寒い一日か…」と厚手の上着を持って出掛けた人も多かったはず。ところが、午後になると街の景色は一変。気温は上昇し、上着を手に持って、半袖で歩く人の姿が見られました。

なかには、アイスを食べる人も――

街の人
「暑いです。さっきもアイス食べて、またアイス食べようってなって」

   ◇◇◇

アイスに手が伸びるほどの暑さが戻り、晴れ間が見えた東京都心。その一方で、北海道函館市は朝から大荒れの天気。波打つ雨に…激しく揺れる木々。強風で傘が壊れてしまう人の姿もありました。

日本海にある発達した低気圧の影響で、北日本は大荒れの天気となり、岩手・盛岡市でも傘が手放せない1日に。この雨の影響でJRの一部路線が計画運休となりました。

   ◇◇◇

荒れた天気となった北日本とは対照的に、九州では天気が回復し、3連休最終日の10日、各地でさまざまなイベントが行われました。

きょう10月10日は「スポーツの日」。大分・別府市で行われたのは、距離わずか10メートル“世界一短い”徒競走です。子供だけでなく、大人も本気で走る10メートル。さらには、恐竜までもがエントリーし、会場の子供たちに囲まれていました。

参加者
「3年ぶりですけど、いい走りができたと思います」

子どもたちは「徒競走がんばったぞー!」と笑顔を見せました。今回の最速タイムは2.06秒だったということです。

   ◇◇◇

大分・由布市ではユニークなイベントも開催されました。

「あした東京から娘が帰省します! 全国旅行支援ありがとーーー!!」と大声で叫ぶのは、例年開催される「牛喰い絶叫大会」の参加者。

参加者は秋晴れのもと、牛肉を堪能し、県内外から集まった約60人が“思いのたけ”を絶叫します。子どもが「湯布院がんばれ、コロナに負けるな!」と叫ぶと、拍手が沸き起こりました。

声の大きさと内容のユニークさを審査するこのイベント。会場にはたくさんの笑顔が広がっていました。

   ◇◇◇

プロアスリートの合宿が盛んに行われる山形県上山市では、練習施設の中に、アロマオイルを使って全身をもみほぐすトリートメントスパが登場。

福岡市では野球、陸上、バスケットボールのスポーツ教室が開かれ、野球では元ソフトバンクホークスの選手らが子どもたちに熱血指導しました。

小学3年生
「足を回すようにして打つと言われました。今度からもっと足を曲げてから打っていきたいです」

午後には、北京オリンピック銀メダリストの朝原宣治さんが登場。子どもたちは熱心に指導を聞き、競技に取り組んでいました。

   ◇◇◇

千葉の成田空港近くにある農園では行われたのは――

参加者
「いーだめー。動かない」

「よっしゃー大きい」

「めっちゃ重い」

今が旬! 「サツマイモの収穫体験」です。

子どもたちからは「意外と芋掘りって難しい」「楽しかった」と、さまざまな感想が聞かれました。サツマイモは、日本航空と農業ビジネスを手がける地元企業が、成田空港近くで栽培しています。

参加者から「寒かったね。急に寒くなって、急いで長袖出したね」という声が上がるほど、朝は冷え込んだ関東地方ですが、約100人の親子が集まり、収穫を楽しんでいました。

   ◇◇◇

神奈川・横浜市で行われたのはドイツ料理が楽しめるイベントです。

「かんぱーい」

あいにくの天気に、傘を差して食事をする人が多くみられました。

“傘を差しても食事したい”客のお目当ては「黒ビールとソーセージ」です。折りたたみ傘を2人で使っていた女性は腕がびしょぬれになっていましたが…。

会社員(20代)
「それでもビールは飲みたいです。肩をぬらしながら楽しみます」

コロナの影響で3年ぶりの開催となったこのイベント。実は――

ドイツフェスティバル実行委員会・森本智子さん
「初日は準備していたけど雨風が強くなってしまいましたので、やむを得ず中止と」

7日から10日までの4日間の予定が、初日が中止になり、急きょ3日間の開催になりました。

ドイツフェスティバル実行委員会・森本智子さん
「(今日も)降ったりやんだりの天気だったので、その辺は気がかりでした」

最終日も雨の影響で中止が頭をよぎりましたが、なんとか開催。雨の中でも、にぎわう様子が見られました。