日テレNEWS
社会
2015年10月15日 16:37

岩国騒音訴訟、国に賠償 飛行差し止め棄却

岩国騒音訴訟、国に賠償 飛行差し止め棄却
(c)NNN

 山口県にある岩国基地の騒音を巡る裁判で、山口地裁岩国支部は15日、国に対し、賠償を命じる判決を言い渡した。一方、アメリカ軍機の飛行差し止めの請求は退けている。

 この裁判は、アメリカ軍岩国基地周辺の住民654人が、国を相手取り、アメリカ軍機の夜間早朝の飛行差し止めや、これまでの騒音被害に対する約18億円の損害賠償などを求めているもの。2012年からは、オスプレイの飛行差し止めを求める訴えも合わせて審理されてきた。

 15日の判決で山口地裁岩国支部は、「航空機騒音の状況は受忍すべき軽い被害ではなく、違法な権利侵害がある」などとして、これまでの騒音被害に対する賠償として、約5億5800万円の支払いを命じた。

 一方、アメリカ軍機の夜間早朝の飛行や空母艦載機の岩国基地への離着陸の禁止については、「国の支配の及ばない第三者の行為」として訴えを退けた。