日テレNEWS
社会
2016年8月17日 12:34

台風7号 三陸沖を北上<仙台・宮古中継>

台風7号 三陸沖を北上<仙台・宮古中継>
(c)NNN

 台風7号は17日午前11時現在、三陸沖を北上中。北日本では、暴風や高波、大雨などに警戒が必要。

 台風7号は三陸沖を北に進んでおり、夕方から夜にかけて、北海道に上陸する見通し。台風の北側には非常に発達した雨雲があり、18日昼にかけて多い所で、北海道では250ミリ、東北では120ミリの大雨になるおそれがある。暴風や高波のほか、土砂災害や河川の氾濫にも警戒が必要。

 一方、台風一過の青空が広がった関東甲信地方は、猛烈な暑さに見舞われている。17日の予想最高気温は甲府、熊谷で38℃、前橋、さいたまで37℃、東京都心で36℃と、40℃近い気温になる所もあるので、熱中症には十分な注意が必要。


<宮城県の仙台港から中継>

 降り始めからの雨量は午前10時半現在、仙台・泉ヶ岳で144.5ミリ、石巻で58.5ミリなどとなっている。また、白石では午前6時51分までの1時間に48ミリという8月の観測史上最大の雨量を観測した。

 現在は大潮の時期に入っていて、仙台港では午後4時過ぎに満潮の時刻を迎える。今後も高波・高潮に警戒が必要。


<岩手県宮古市から中継>

 現在、岩手県内全域に大雨と洪水、沿岸では暴風と波浪の警報が出ているほか、土砂災害警戒情報が出ている市町村もある。また、交通機関も乱れていて、岩手県内のJRの一部区間や三陸鉄道全線で列車の運転を見合わせている。

 台風7号は昼過ぎにかけて岩手県に最も近づく見込みで、土砂災害や暴風、高波に十分な警戒が必要。