日テレNEWS
社会
2016年9月19日 5:45

台風接近で“秋雨前線”活発 大雨の恐れ

台風接近で“秋雨前線”活発 大雨の恐れ
(c)NNN

 台風16号は、西日本へかなり接近して上陸するおそれがあり、活動が活発になった秋雨前線の影響で大雨になるところがありそうだ。

 非常に強い台風16号は、沖縄の北を東よりに進んでいる。このあと台風は速度を速めながら東へ進み、19日夜遅くから20日の明け方にかけて九州など西日本へかなり接近して、上陸するおそれがある。そのあと21日にかけて、東日本へ近づく見込み。

 台風の接近に伴い、秋雨前線の活動が活発になって、猛烈な雨のところもありそうだ。予想雨量は20日朝までに多いところで、九州南部で300ミリ、九州北部で250ミリ、四国、中国で120~150ミリ、近畿、奄美で100ミリとなっており、21日にかけて雨の量はさらに増える見込み。

 土砂災害や低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要だ。