日テレNEWS
社会
2017年9月17日 1:08

台風18号、17日朝に九州上陸の見通し

台風18号、17日朝に九州上陸の見通し
(c)NNN

 気象庁によると、大型で強い台風18号は、17日朝に九州に上陸し、その後、日本列島を縦断する見通し。上陸後、台風は次第にスピードを上げるため、台風の進路にあたる地域では、突然、暴風が吹き荒れるおそれがある。

 宮崎県では、大雨の影響ですでに道路や田畑が冠水する被害が出ていて、今後、四国や近畿、東海地方でも、太平洋側を中心に多い所で600ミリを超える大雨が予想されている。

 気象庁は、重大な災害が起きるおそれがあるとして、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒を呼びかけている。

 また、日曜の朝から九州北部豪雨や熊本地震の被災地にも、台風本体の発達した雨雲がかかる見通しで、中小河川の氾濫などに警戒が必要。

 また、気象庁は、大阪や高松など17日の夜にかけ台風の接近と満潮のタイミングが重なる地域では、高潮被害にも警戒するよう呼びかけている。