日テレNEWS
社会
2017年12月30日 0:44

帰省ラッシュ 高速道路下りは30日ピーク

帰省ラッシュ 高速道路下りは30日ピーク
(c)NNN

年末年始をふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュが始まった。

新幹線は、29日午後2時発の山形新幹線・新庄行きで自由席の乗車率が150%となるなど混雑した。JR各社によると、東京駅発の各新幹線の指定席は30日も終日ほぼ満席で混雑が予想されている。

一方、空の便では成田空港が29日に出国のピークを迎え、およそ5万人が出国した。帰国のピークは1月3日と予想されている。

高速道路は30日が下り線の混雑のピークとみられていて、日本道路交通情報センターによると、東名高速で午前8時頃、伊勢原バス停付近を先頭に30キロ、関越道で午前8時頃、高坂サービスエリア付近を先頭に20キロなどの渋滞が予想されている。