日テレNEWS
社会
2018年2月1日 15:28

知っておくべき!がんとお金のリアル

知っておくべき!がんとお金のリアル
(c)NNN

がんになったらいくらかかる?負担を減らす方法は?…医療費で困らないために、知っておくべき、がんとお金のリアルとは?

40代でがんになった場合を想定してみましょう。入院した時の医療費は平均約100万円。このとき自己負担は3割で30万円になります。

ここで知っておくべきなのは、退院後にもお金がかかるということ。最近は病院の空きベッドが不足していることもあり、早めに退院させて、通院での治療へ移す傾向にあるといいます。

通院が長引くと、薬や診察にかかるお金だけでなく、特に地方では交通費も大きな負担に。退院後の費用も合わせると総額は数十万円にのぼることもあります。治療が始まると仕事ができず収入が減る場合も…どうすれば負担を減らせるのでしょうか?

ここで知っておくべきなのが「高額療養費制度」。治療で1か月に支払う額が、年齢や所得によって決まる上限を超えたとき、超えた分が加入する健康保険組合などから戻ってくるという制度です。

1か月の医療費が100万円のとき、40代で年収約370万~770万円の人で負担する上限額は8万7430円となります。事前に「認定証」を提出することで、はじめから窓口で支払う金額を負担上限額に抑えることもできます。

このような経済的な問題には、病院に配置されている医療ソーシャルワーカーが相談にのってくれます。利用できる制度など情報を集めることもがんの治療では重要です。


【the SOCIAL viewより】