日テレNEWS
社会
2018年12月11日 14:27

“木製”使い捨てストローでプラごみ削減へ

“木製”使い捨てストローでプラごみ削減へ
(c)NNN

環境汚染の問題を受け、プラスチック製のストローをやめる動きが広がる中、木材が原料の使い捨てストローが開発された。

このストローは、木材住宅メーカーの「アキュラホーム」と、都内の「ザ・キャピトルホテル東急」などが共同で製品化したもので、薄さ0.15ミリに削った木材を斜めに巻いて接着することで、ストローの形にしている。特に木の香りもせず、飲んだ感じはプラスチックのストローと変わらないという。

材料は主に、森林を維持管理するために間引きされたスギなどの「間伐材」で、普及すれば、森林保全やプラスチックごみの削減につながることが期待される。

木材のストローは、ザ・キャピトルホテル東急のレストランで、来年1月から試験的に導入される予定。