日テレNEWS
社会
2019年3月1日 21:45

玉城知事“辺野古”県民投票の結果重視訴え

玉城知事“辺野古”県民投票の結果重視訴え
(c)NNN

沖縄県の玉城デニー知事は1日午後、外国特派員協会で会見し、名護市辺野古の埋め立てをめぐる県民投票の結果を重視するよう訴えた。

沖縄県 玉城デニー知事「県民投票により直接示された民意は、何より重く尊重されなければいけません」

先月行われた県民投票では、辺野古の海の埋め立てについて「反対」とする意見が7割以上を占めた。玉城知事は1日、県民投票の結果を安倍首相に伝えたが、安倍首相は、「工事はもはや先送りできない」と述べた。

沖縄県 玉城デニー知事「70.3%の米軍基地が沖縄にあります。なぜ沖縄に基地が置かれ続けているのか。その根本的なことを、みなさんでしっかり見つけてほしい。考えてほしい」

玉城知事は、沖縄の米軍基地負担を減らすことについては「沖縄県内だけで議論するのではなく、国民全体で考えてほしい」と訴えた。