日テレNEWS
社会
2022年4月11日 17:48

季節先取りの暑さ 岩手県では全国で今年初の真夏日に

季節先取りの暑さ 岩手県では全国で今年初の真夏日に
11日の最高気温

11日も東北から西日本は高気圧に覆われ、広い範囲で日差しが届きました。

上空には季節外れの暖かな空気が流れ込んでいたため、この暖気と日差しによって各地で気温が上がりました。

特に東北の太平洋側では山越えの風によるフェーン現象によって顕著に気温が高くなり、岩手県内では、宮古で31.0℃と今年全国でもっとも高い気温を記録したほか、山田で30.9℃、釜石で30.3℃など、県内のアメダス6か所で今年初となる真夏日となりました。

その他、福島で29.5℃、岐阜・飛騨市神岡で28.7℃、福井で28.2℃など、所々で真夏日一歩手前の暑さとなったほか、全国254地点で25℃以上の夏日となりました。

また、関東地方でも10日ほどではないものの各地で気温が上がり、埼玉県の鳩山で27.5℃、群馬県の桐生で27.4℃、東京都の練馬で26.4℃など、各地で夏日となりました。

東京都心は24.7℃と夏日には届かなかったものの、街中では半袖姿の人も目立ち、季節先取りの暑さとなりました。

この暑さは13日頃まで続く見込みです。

まだ体が暑さに慣れていない時期ですので、仕事などで屋外で作業をする場合は水分や塩分をこまめに補給するなど、熱中症には十分な注意が必要です。