×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 猛暑の影響が… マツタケ“2週間遅れ”の初競り 校庭で雑草伸び放題…ヤギの「がんちゃん」大活躍

猛暑の影響が… マツタケ“2週間遅れ”の初競り 校庭で雑草伸び放題…ヤギの「がんちゃん」大活躍

2023年10月11日 17:22

一気に秋めいてきた日本列島。宮城・岩手・秋田にまたがる栗駒山では、もみじやカエデが赤や黄色に色づき、“神の絨毯(じゅうたん)”とも呼ばれる風景が広がっています。今年の紅葉は、猛暑の影響で1週間ほど遅れていましたが、このところの冷え込みで一気に進んだといいます。

秋の味覚にも猛暑の影響がでています。11日、兵庫県丹波篠山市で特産のマツタケの初競りが行われ、約10センチのマツタケ3本、あわせて200グラムが93万円で競り落とされました。今年は猛暑や雨が少なかったことで生育が遅れ、平年よりも2週間ほど遅い初競りとなりました。

9月も真夏の暑さが続いた影響か、大分の小学校では困ったことが…。刈っても刈っても伸びてくる「雑草」です。その救世主がヤギの「がんちゃん」。近所で飼育されているヤギで、今月から毎日“登校”して、学校の草を食べてもらっています。

※詳しくは動画をご覧ください。(10月11日放送『news every.』より)