日テレNEWS
社会
2019年10月1日 19:54

税金増収で 社会保障の使い道は

消費税率が1日から10%に引き上げられたが、政府は増収分の半分を、国の借金を返すために使い、将来世代への負担の先送りを少しでも防ぐとしている。増収分のもう半分は、社会保障のために使うことになっている。

社会保障分野の使い道としては、幼稚園や保育所、認定こども園の利用料無償化のほか、保育士と介護職員の処遇改善、住民税非課税世帯の子どもの大学授業料の減免などに使われる。

また、今月から、年金が少ない高齢者に最大で月5000円が給付される。