×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 宝塚歌劇団“劇団員死亡” 遺族側弁護士、劇団側の調査結果に「劇団と上級生の責任を否定した」と反論

宝塚歌劇団“劇団員死亡” 遺族側弁護士、劇団側の調査結果に「劇団と上級生の責任を否定した」と反論

2023年11月14日 19:13

今年9月に死亡した宝塚歌劇団の劇団員の遺族側の弁護士が会見を行い、劇団側の調査結果に対し「劇団と上級生の責任を否定した」などと反論しました。

今年9月、宝塚歌劇団の宙組に所属する女性が遺体で見つかった問題で14日、宝塚歌劇団が公表した調査報告書について、遺族側は、「納得できるものではない」と批判しました。

ヘアアイロンによるやけどが故意であったことや、上級生からのパワハラなど遺族側の主張を報告書が認めていないことから「劇団と上級生の責任を否定する方向に誘導している」として、事実関係を再度検証すべきだと主張しました。

また、報告書が長時間労働を認定したことについては、死亡が業務によるものであると解釈できると評価しましたが、「労働時間の認定が実態より少ない」と指摘しました。

遺族側は劇団側と今月末までに面談する予定であるとし改めて、謝罪と補償を求めました。