×

硫黄島沖に誕生の新島、今月初旬より50メートルほど拡大

2023年11月24日 18:51

小笠原諸島の硫黄島沖で火山の噴火によって新たな島が誕生していますが今月初旬よりも島の大きさが50メートルほど拡大しています。

23日に海上保安庁の無人航空機が撮影した映像からは、硫黄島の南にある翁浜沖に火山噴火によって誕生した新たな島から噴煙や噴石が高く上がっているのがわかります。

海上保安庁によりますと噴煙の高さはおよそ200メートルにのぼっていたということです。

島の大きさは南北におよそ450メートル、東西におよそ200メートルあり、今月10日に撮影したときよりも南北に50メートルほど大きくなっているということです。

島のまわりには変色した水も確認されていて、海上保安庁は航行警報を出して付近を航行する船に注意を呼びかけています。