日テレNEWS
社会
2020年2月28日 16:18

東京オリ・パラ控え 国立競技場で消防訓練

東京オリ・パラ控え 国立競技場で消防訓練
(c)NNN

東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、国立競技場で火災が発生したという想定で訓練が行われた。

訓練は東京消防庁が行ったもので、俳優の武田真治さんが一日消防署長を務めた。

東京オリンピック・パラリンピックの競技中に震度7の地震が発生し、国立競技場で火災が起きて観客に多数のけが人が出たという想定で、駆けつけた東京消防庁の隊員らが取り残された車いすの利用者をはしご車を使って救出し、一斉放水などを行って消火活動をした。

東京消防庁はこうした訓練を通じて競技施設などの防火対策や自然災害への対応力を強化していきたいとしている。