日テレNEWS
社会
2022年2月1日 10:30

新型コロナ感染拡大の中…東京・神奈川で私立中学の入試始まる

新型コロナ感染拡大の中…東京・神奈川で私立中学の入試始まる

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、東京と神奈川では1日から私立中学の入試が始まりました。

難関校の1つ、東京・練馬区の武蔵中学校では、以前は校門の前で受験生を励ます大勢の塾関係者の姿が見られましたが、オンラインによる激励に変わり、受験生たちは検温と消毒をして会場に入りました。

受験生「門の前で(塾の先生の)激励がないことが、ちょっと緊張感が和らがない。絶対に合格できるように頑張ります」「(授業の)最終回がオンラインで行うことになったから残念だった。今までの努力を100%出し切れば受かると思うので頑張ります」

多くの学校は年明けからの新型コロナの感染急拡大で、面接の中止や追試の設定など対応に追われています。

首都圏模試センターによりますと、今年、首都圏で私立や国立の中学校を受験する児童は推計で5万1000人以上で、過去最多になると予測されています。