日テレNEWS
社会
2020年6月16日 0:21

れいわ新選組の山本代表 都知事選出馬表明

れいわ新選組の山本代表 都知事選出馬表明
(c)NNN

来月5日投開票の東京都知事選挙に、れいわ新選組の山本太郎代表が立候補する考えを表明しました。

れいわ新選組・山本太郎代表「1400万人いる東京都民に対して生活を直接底上げできる、餓死する寸前だった人たちに対してすぐにでも手立てを打てるのだったら、それは目の前の東京都知事選、出るでしょ」

山本代表は、新型コロナウイルスの被害支援として、全都民への10万円給付や東京オリンピック・パラリンピックの中止などを公約に掲げています。

一方、再選出馬を表明した小池知事は、選挙公約を発表しました。

東京都・小池知事「東京版のCDC、疾病対策予防センターの創設、コロナウイルス感染拡大防止策を強化する。都民の理解が得られる形でのオリンピック・パラリンピック大会の開催」

立憲民主、共産、社民党が支援する元日弁連会長の宇都宮健児氏は、雇用の確保などを訴えました。

宇都宮健児氏「雇用を守り、住まいを守り、営業を守り、生活と命を守り抜く。そういう都政を確立するためにがんばっていきたい」

このほか、都知事選には日本維新の会が推薦する前熊本県副知事の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党が公認する立花孝志党首らも出馬を表明しています。