日テレNEWS
社会
2020年6月26日 12:14

“現金提供リスト”克行容疑者「自ら作成」

“現金提供リスト”克行容疑者「自ら作成」
(c)NNN

前法相の河井克行容疑者と妻で参議院議員の案里容疑者が逮捕された選挙違反事件で、現金の提供先を示したとされるリストについて、克行容疑者が自ら作成したことを周囲に認めていたことがわかりました。

河井克行容疑者と妻の案里容疑者は、去年の参議院選挙をめぐり、2人合わせて94人に約2570万円を配り、買収した疑いが持たれています。

関係者によりますと、克行容疑者が、自宅や議員会館で見つかった現金の提供先を示したとされるリストについて、自ら作成したと、逮捕前に周囲に話していたことがわかりました。家宅捜索で押収されたパソコンの多くからはデータが消されていましたが、特捜部が復元したものもあったとみられます。

克行容疑者は買収の意図を否認していますが、特捜部は、リストの作成は買収先を管理するためだとみて、調べているものとみられます。また、克行容疑者は調べに応じており、案里容疑者の体調を心配しているということです。