日テレNEWS
社会
2022年7月19日 6:26

山口や九州北部に「線状降水帯」20日にかけさらに雨量は増

山口や九州北部に「線状降水帯」20日にかけさらに雨量は増

18日夜遅くから19日朝にかけて山口県や九州北部では相次いで線状降水帯が発生するなど各地で激しい雨が降っています。大雨による大きな災害に厳重な警戒が必要です。

九州や中国地方には湿った空気が流れ込み、活発な雨雲が連なる線状降水帯が発生しやすい状況が続いています。このあとも、九州北部や中国・四国を中心に大雨になるおそれがあります。

予想される雨の量は、九州で250ミリ、四国と近畿で200ミリ、東海で180ミリなどとなっています。

20日にかけてさらに雨量は増え、西日本だけではなく東日本でも大雨となるおそれがあります。大雨の地域は時間を追うごとに移動しています。

気象庁の「キキクル」や自治体からの「避難情報」など常に最新の情報をご確認ください。