日テレNEWS
社会
2020年9月5日 17:23

台風10号“海水ドッと”高潮も最大限警戒

台風10号“海水ドッと”高潮も最大限警戒
(c)NNN

近年稀にみる勢力で沖縄や奄美、九州に接近する見込みの台風10号について、気象庁は5日、津波のような高潮災害が起きる恐れもあるとして、雨風が強まる前に避難するよう強く呼びかけました。

気象庁によりますと、台風10号は、週明けにかけて特別警報級の勢力で北上し、甚大な被害をもたらすと予想されています。気象庁は、記録的な暴風に加えて、津波のように押し寄せる高潮災害にも最大限警戒するよう呼びかけました。

気象庁・杉本悟史主任予報官「ドッと波が入ってくるわけですね。津波と同じとは言いませんけれども、やはりそれに近いというか、海水がドッと押し寄せるそういうイメージは持っていただければ」

また、午後には、今回の台風10号によって氾濫するリスクが特に高い河川として、川内川・肝属川・五ヶ瀬川・小丸川・大淀川・球磨川の6つが示されました。

国土交通省と気象庁は、川の増水や高潮による潮位の上昇を待ってからの避難ではなく、雨風が強まる前に避難するよう強く呼びかけています。