日テレNEWS
社会
2021年9月16日 8:17

【天気】台風は温帯低気圧へ 雨風は強まる

【天気】台風は温帯低気圧へ 雨風は強まる
(c)NNN

台風14号は、17日(金)朝には長崎県五島列島の西の海上に進むでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、九州北部から中国・四国地方に進むとみられます。台風(温帯低気圧)や前線の影響で、大雨のおそれがあります。また、風も強まりそうです。

●台風14号の予想進路

台風14号の中心は、16日(木)午前6時には、長崎県五島列島の西南西の海上にあって、ゆっくり北西に進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は毎秒23メートルとなっています。

今後、進路を北東に変え、17日(金)の午前6時には、長崎県五島列島の西の海上に進むでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、18日(土)午前3時にかけて、九州北部から中国・四国地方に進み、18日夜にかけて、東日本を通過して、三陸沖に進むでしょう。

●西から大雨の範囲が広がる

台風(温帯低気圧)や前線に向かって湿った空気が流れ込むため、16日は九州や四国の太平洋側で大雨となり、17日は西日本から東海の広い範囲で大雨となるでしょう。土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。

18日には、西日本から北日本の広範囲で激しい雨のおそれがあります。

【24時間予想雨量 16日朝~17日朝、多いところ】
九州北部 100ミリ
九州南部 120ミリ
四国   150ミリ

【24時間予想雨量、17日朝~18日朝、多いところ】
九州北部 100~200ミリ
九州南部 100~150ミリ
中国   100~200ミリ
四国   200~300ミリ
近畿   200~300ミリ
東海   200~300ミリ

●西から風が強まり荒れた天気に

台風は17日の朝には対馬海峡に進むでしょう。温帯低気圧に変わり、やや発達するとみられます。17日は、九州北部や中国地方を中心に、非常に強い風の吹くおそれがあります。

【17日の予想最大瞬間風速】
九州北部 35メートル
中国   35メートル

●16日の天気

九州・四国はくもり空のところが多く、太平洋側では雨になるでしょう。宮崎県内では非常に激しい雨、高知・徳島県内では夜になって激しい雨のところがありそうです。東北の太平洋側や関東も雲の取れにくい天気で、一部では雨となるでしょう。一方、北陸や北日本の日本海側は晴れる見込みです。東海や近畿でも16日は晴れ間がありそうです。

●16日の気温

東北の太平洋側や関東では、15日より気温が低くなるでしょう。一方で、九州では真夏日になるところがありそうです。

【予想最高気温(前日差)季節感覚】
札幌  22℃(+1)平年並み
仙台  21℃(-5)10月上旬
東京  25℃(-3)9月下旬
名古屋 29℃(-1)平年並み
大阪  29℃(±0)平年並み
福岡  31℃(+3)8月下旬

●3連休の天気

18日(土)は、台風から変わった温帯低気圧の影響で、荒れた天気となりますが、19日(日)には天気は回復して、20日の敬老の日は、ほぼ全国的に晴れそうです。