日テレNEWS
社会
2020年9月17日 0:26

小池知事 自民党東京都連の議員と意見交換

政府の来年度の予算編成をめぐり、東京都の小池知事は、自民党東京都連に所属する国会議員らと意見交換し、新型コロナ対策など、都への協力を求めました。

小池都知事は、自民党東京都連の鴨下会長や、新たに政調会長に就任した下村氏らと会談し、新型コロナウイルス対策や東京オリンピック・パラリンピックに向け、政府の来年度の予算案で、都への協力を求めました。小池知事は4年前の就任以来、文書で自民党に予算要望を続けてきましたが、面会形式は今回が初めてです。

都知事選で、小池氏が自民党の候補を破って当選して以降、対立関係が続いてきましたが、来年夏に都議会議員選挙を控え、今回の面会は、関係改善を模索する動きではないかとみられています。