×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 来年4月開業「東急歌舞伎町タワー」映画館の音響システムを坂本龍一さんが監修

来年4月開業「東急歌舞伎町タワー」映画館の音響システムを坂本龍一さんが監修

2022年11月16日 14:37
来年4月開業「東急歌舞伎町タワー」映画館の音響システムを坂本龍一さんが監修

来年4月東京・新宿の歌舞伎町に開業する高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」の映画館の音響システムを音楽家・坂本龍一さんが手がけることが発表されました。

来年4月14日に開業する「東急歌舞伎町タワー」はホテルとエンターテインメント施設が集結した、地上48階建ての高層複合施設です。

東急などによりますと、その9階と10階に入る映画館「109シネマズプレミアム新宿」のすべてのシアターには、坂本龍一さん監修のもと設計された、極限までリアルな音を追求した音響システムが導入されるということです。

また、映画館のラウンジなどで使用する複数の楽曲も坂本さんが制作するということです。

坂本さんは、1960年代後半、新宿の高校に通っていたころに好奇心から新宿中の映画館の上映傾向をチェックするなどしていて、「新宿で学んだものは僕を根本的に変えた」とコメントしています。

そして、今回のプロジェクトについては「スピーカーはもちろん、オーディオケーブルやアンプなど細部にこだわり、最上の音響を楽しめる劇場ができたと自負しています」としています。