×

【天気】台風6号、沖縄・奄美に直撃の恐れ 北海道は前線停滞、長丁場の大雨に警戒

2023年8月4日 21:23
【天気】台風6号、沖縄・奄美に直撃の恐れ 北海道は前線停滞、長丁場の大雨に警戒

東シナ海に停滞していた台風6号は、5日(土)から6日(日)にかけて沖縄・奄美に直撃する恐れが高まっています。また、前線が停滞する北海道でも長丁場の大雨に警戒が必要です。

<台風予想進路>

大型で強い台風6号は、東シナ海から、ゆっくりと東へ進み、5日(土)から6日(日)にかけて沖縄・奄美にかなり接近する見込みです。その後は進路を北寄りに変え、来週は九州や四国など西日本に接近する予想です。大型で勢力を維持しながら、ゆっくりと進む見込みで、西日本を中心に広い範囲で長い時間影響が出る恐れがあります。

<5日(土)の天気>

沖縄では、すでに暴風域に入っているところがありますが、沖縄本島でも暴風が吹くでしょう。さらに台風中心付近の雨雲がかかり、激しい雷雨になる見込みです。奄美でも次第に大雨や暴風となり、夜遅くになるほど強まる予想です。

●予想最大瞬間風速

沖縄・奄美 5日(土)45メートル 6日(日)40~60メートル

●波の高さ

沖縄・奄美 5日(土)11メートル 6日(日)10~11メートル

●予想24時間雨量

沖縄200ミリ、奄美180ミリ(~5日夕方まで)

沖縄100~200ミリ、奄美200~300ミリ(~6日夕方まで)

この週末は不要不急の外出を避け、安全な場所で過ごすようにしてください。

一方、北海道では前線の影響で大雨になりそうです。4日(金)の夜から断続的に激しい雨が降り、北海道の広い範囲で大雨となる恐れがあります。

●予想24時間雨量

北海道100ミリ(~5日夕方まで)

北海道50~100ミリ(~6日夕方まで)

地盤の緩んだ状態が続きそうですから、土砂災害などに警戒をしてください。

東北から中国地方にかけては引き続き晴れて猛暑になるでしょう。四国や九州では台風周辺の湿った空気が流れ込み、雨の降るところがありそうです。

<週間予報>

沖縄・奄美では6日(日)にかけて荒れた天気になるでしょう。北海道では10日(木)頃にかけて前線が停滞し、長い時間の大雨となりそうです。九州や四国では7日(月)以降台風の影響が出てきそうですから、この週末までに備えを済ませるようにしましょう。東日本でも7日(月)以降は雨の日が多くなる見込みです。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 【天気】台風6号、沖縄・奄美に直撃の恐れ 北海道は前線停滞、長丁場の大雨に警戒