日テレNEWS
社会
2021年2月3日 22:19

乳酸菌の日 飲むくず餅に甘酒…市場拡大

乳酸菌の日 飲むくず餅に甘酒…市場拡大
(c)NNN

きょう2月3日は「乳酸菌の日」です。コロナ禍での健康志向の高まりで今、乳酸菌飲料の市場が拡大しています。

    ◇

去年、埼玉県飯能市にオープンした「発酵食品のテーマパーク」。カフェで親子連れのお客さんが注文していたのは…

お客さん「発酵食品に興味があって」

発酵の際に使用する「乳酸菌」がふんだんに入ったデリプレート(ピーネデリプレート 1300円)です。野菜や大豆を使ったミートボールのラタトゥイユ。そして、麹のトマトのマリネ、かぼちゃのポタージュにも乳酸菌入り。

実はきょう2月3日は、語呂合わせから「乳酸菌の日」なんです。増えたおうちご飯でも乳酸菌を手軽に取り入れられるよう、お持ち帰りできる乳酸菌入りドレッシングなどを販売。通販サイトでも、売れ行きが好調だといいます。

ピーネカフェ カフェ事業部・酒井美香係長「(乳酸菌入り)発酵商品で免疫があがると注目されているんですけど」

コロナ禍の今、健康志向の高まりを背景に、腸内の免疫力をサポートするという(※城西大学 薬学部・清水純教授による)乳酸菌の商品が人気となっていて、今年度の乳酸菌飲料などの市場規模は、およそ6900億円の見込み。前年に比べおよそ4%アップしています(※TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ)。

お客さん「今、乳酸菌って注目されていますよね」「コロナにかからないように、健康管理は気をつけた方がいいかな」

江戸時代に創業の和菓子店「船橋屋 亀戸天神前本店」(東京・江東区)。この歴史あるお店から、去年、発売された新商品が、女性客が購入したこちら「飲むくず餅乳酸菌」です(「飲むくず餅 乳酸菌」1300円・520ml 375円・150ml)。

よくお客さんから「くず餅を食べるとお腹の調子がいい」と言われたことから詳しく調べた所、乳酸菌が入っていることが判明。飲むくず餅を開発しました。

お客さん「(乳酸菌入りは)知らなかったですね」「飲んで(乳酸菌が)とれるっていうのが手軽でいいなと思って」

くず餅作りを見せてもらうと、発酵させた小麦デンプンを混ぜ、とろみをつけています。

「乳酸発酵させたものなので、今、乳酸菌がいっぱいいる状態」

酸味を生み出す乳酸菌が入った「飲むくず餅」のお味は?

「お米の甘味とスッキリとした酸味で飲みやすいです」

船橋屋 広報担当・月岡紋萌さん「お客様からの好評の声が本当に多くて」

日本酒などを製造する会社から販売されているのが…

八海醸造 広報渉外部・浜崎こずえ主任「乳酸菌が入った甘酒がこちらになります」

甘酒は苦手…という人も飲みやすい強い酸味が特徴の乳酸菌入りの甘酒です(「乳酸発酵の麹あまさけGABA」210円・税別)。

八海醸造 広報渉外部・浜崎主任「酸味があった方が甘みが和らいでおいしく飲んでいただけるんじゃないかと」

日本酒などの販売は居酒屋の時短営業の影響を受けている一方、甘酒は安定した売れ行きだということです。