日テレNEWS
社会
2021年4月10日 11:59

“まん延防止”へ 都内12地点で人出増加

“まん延防止”へ 都内12地点で人出増加
(c)NNN

新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用対象となった東京都内の地域では、1週間前と比べて人出が増加しているところが多く見られました。

携帯電話の位置情報の解析によりますと、東京都内の9日夜の人出は、1週間前と比べると新宿・歌舞伎町で16.8パーセント減少しましたが、表参道駅では22.3パーセント増加しています。データが公開されている都内22の地点のうち12地点で増加しました。

 「(“まん延防止”適用に)賛成です。このままだとこういう状況が何年も続いてしまうことはちょっとという感じに思っている」

また、すでに一部が重点措置となっている大阪、兵庫、宮城の3府県の主要な駅などでは、大阪の梅田駅で23.8パーセント、兵庫の三ノ宮駅や宮城の仙台駅西のエリアでも減少しています。

一方、来週から一部地域が重点措置となる京都と沖縄では、京都駅で9.8パーセント減少する一方で、沖縄の那覇空港では4.4パーセント増加するなどしました。