×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 城里町で震度5強 茨城県南部は普段から地震活動“活発”今後1週間程度は注意を

城里町で震度5強 茨城県南部は普段から地震活動“活発”今後1週間程度は注意を

2022年11月9日 20:45
城里町で震度5強 茨城県南部は普段から地震活動“活発”今後1週間程度は注意を

9日夕方、茨城県城里町で震度5強の強い揺れを観測する地震がありました。

この地震による津波はありませんでしたが気象庁は今後1週間程度、同じ規模の地震の発生に注意してほしいと呼びかけています。

気象庁によりますと、9日午後5時40分ごろ、茨城県南部を震源とする地震があり、震度5強を茨城県城里町で、震度4の揺れを福島県白河市や栃木県宇都宮市、群馬県邑楽町などで観測しました。

そのほか関東や東北、東海、中部、北陸地方の広範囲で震度1から3の揺れを観測しています。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁は地震直後、速報値として地震の規模をマグニチュード5.0、震源の深さ50キロと発表していましたが、精査した結果、マグニチュードを4.9に、震源の深さを51キロにそれぞれ修正しました。

この地震を受け、気象庁は午後6時40分から会見を開き、地震が起きた茨城県南部は普段から地震活動が活発な場所の1つだと説明しました。

その上で、揺れの強かった地域では今後1週間程度は震度5強程度の地震に注意し、特に今後、2~3日程度は規模の大きな地震に注意してほしいと呼びかけました。

また、9日夜は物が落ちてこない安全な場所で就寝してほしいとしています。

一方、今回の地震では震度5弱を観測した地点はなく、茨城県城里町にある震度観測点の1か所だけが震度5強の揺れを観測しましたが、気象庁は震度計の設置環境に問題はないとしています。