日テレNEWS
社会
2021年8月27日 21:50

文科省 休校や学級閉鎖のガイドライン作成

新型コロナウイルスの感染が子どもたちにも拡大していることを受け、文部科学省は、学校の休校や学級閉鎖を判断するためのガイドラインを初めて作成しました。

ガイドラインで、学級閉鎖については、同じ学級の中で複数の児童や生徒の感染が判明した場合や、感染者が1人でも濃厚接触者や風邪などの症状を訴える人が複数いる場合など、学級内で感染が広がる恐れが高い時に実施を検討するとしていて、期間は5日から7日程度を目安としています。

また、学年閉鎖は、複数の学級閉鎖など学年で感染が広がっている可能性が高い場合に実施し、臨時休校は、複数の学年閉鎖などが発生した場合に検討するとしています。

文部科学省は、このガイドラインを27日、全国の教育委員会などに通知しました。