×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【あすの天気】全国的に暴風警戒 日本海側は広く雷雨注意 西日本は平地でも雪の可能性が

【あすの天気】全国的に暴風警戒 日本海側は広く雷雨注意 西日本は平地でも雪の可能性が

2023年11月17日 17:51

【あす18日(土)の全国天気】

ポイント
全国的に暴風に警戒
日本海側は広く雷雨に注意
西日本は平地でも雪の可能性
中国山地は大雪にも注意

あす18日(土)は、低気圧が北海道の北で発達し、日本付近は変則ながら、冬型の気圧配置が強まるでしょう。日本海には真冬並みの強い寒気、寒冷渦が南下し、夜にかけて、西日本から北日本を通過する見込みです。この影響で、特に日本海側では非常に不安定な天気となり、広く雷雲が発生し、雷雨となる可能性があります。落雷や竜巻などの激しい突風、北陸から東北の日本海側では、大雨に十分な注意が必要です。

そして下層に、より強い寒気の流れ込む西日本でも雨に雪の混じる所があり、中国山地では大雪となる所もあるでしょう。中国山地では、あす18日(土)夕方までに、多いところで、30センチの降雪が見込まれています。積雪や路面の凍結による交通障害にご注意ください。

そして、全国的に西寄りの風が強く吹き、日本海側を中心に警報級の暴風が吹き荒れるおそれがあります。北日本から西日本にかけて、最大瞬間風速が30メートルから35メートルに達する予想で、交通機関への影響にも要注意です。関東は天気が回復しますが、南部は、明け方から朝の内と、昼過ぎを中心としたタイミングで、雨雲が通過する可能性があります。

最低気温は、東日本や北日本では冷え込みが弱いものの、西日本では、17日朝よりも下がり、一気に冷え込みが強まるでしょう。最高気温は、ほぼ全国的に10℃から15℃くらいの予想です。西日本は平年より大幅に低く、12月から1月並みの厳しい寒さの所もあるでしょう。大阪は11℃で12月下旬並み、鳥取は9℃で真冬並みの予想です。

18日(土)の予想最低気温()内は前日差と季節感

札幌    8℃(±0 10月中旬)
青森    6℃(-5 11月上旬)
仙台    8℃(-2 11月上旬)
新潟    8℃(-4 11月上旬)
東京都心 10℃(±0 11月上旬)
名古屋   8℃(-3 平年並み)
大阪    7℃(-5 12月上旬)
広島    5℃(-5 12月上旬)
高知    7℃(-4 11月下旬)
福岡    8℃(-2 11月下旬)

18日(土)の予想最高気温()内は前日差と季節感

札幌   12℃(±0 11月上旬)
青森   11℃(-4 平年並み)
仙台   16℃(+2 11月上旬)
新潟   12℃(-3 11月下旬)
東京都心 16℃(+3 平年並み)
名古屋  13℃(-3 12月上旬)
大阪   11℃(-6 12月下旬)
広島   12℃(-4 12月中旬)
高知   13℃(-6 12月下旬)
福岡   13℃(-1 12月上旬)

【来週はポカポカのち寒波襲来】

週明けも、北日本は次の寒気が通過するため、雨や雪が降りやすいでしょう。一方、関東から九州は、週明け以降、暖気が優勢となり、日に日に気温が上昇、来週半ば頃は20℃以上の小春日和となりそうです。ところが、来週24日(金)頃には、北から再び強い寒気が流れ込み、来週末は真冬を思わせるような寒さとなるでしょう。引き続き、寒暖差のかなり大きな状態が続きそうです。