日テレNEWS
社会
2022年2月16日 15:16

17日にかけ大雪警戒 積雪急増で交通障害などのおそれ

17日にかけ大雪警戒 積雪急増で交通障害などのおそれ
16日夜9時の天気図と寒気の予想

発達する低気圧や上空の強い寒気の影響で、17日にかけて日本海側を中心に大雪となるおそれがあります。特に、北陸や岐阜、近畿北部などの山沿いでは断続的に強い雪が降り、急激に積雪が増えるおそれがあります。

17日にかけて、日本海にある低気圧が発達しながら北陸付近に近づきます。また、上空5000メートル付近には-39℃以下という強い寒気が流れ込み、この影響で、東日本から西日本の日本海側の地域を中心に大雪となるおそれがあります。低気圧の動きが遅く、発達した雪雲が同じような地域に流れ込み続けるおそれがあり、特に、北陸や岐阜、近畿北部などの山沿いでは断続的に強い雪が降り、急激に積雪が増える可能性があります。

17日朝までの24時間に予想される雪の量は、多い所で、北陸や東海で80センチ、近畿で70センチ、中国で40センチなどとなっていて、さらにその後、18日朝までの24時間に、近畿で70~90センチ、北陸や東海で60~80センチ、中国で40~60センチの大雪が予想されています。

短時間で積雪が急増すると除雪が追いつかず、車の立ち往生などにつながるおそれがあります。積雪や路面凍結による交通障害に警戒し、吹雪による見通しの悪化や雪崩、屋根からの落雪などにも十分な注意が必要です。