×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】6~7日にかけて西・東日本の太平洋側で天気崩れ、雪の可能性も 最新情報で確認を

【天気】6~7日にかけて西・東日本の太平洋側で天気崩れ、雪の可能性も 最新情報で確認を

2023年1月5日 21:46

東京も朝晩は寒い日が続いています。5日朝は北海道でしばれる寒さとなりました。北日本では普通の寒さではなく、びっくりするような寒さを「しばれる」と言います。北海道の陸別では最低気温が氷点下30.4度まで下がり、全国の6割以上の地点で冬日となりました。

6日朝の気温は北海道で前日より高く、5日ほどの冷え込みではないでしょう。東北から西日本は前日と同じくらいのところが多く、1月らしい寒い朝が続きそうです。

6日は冬型の気圧配置が緩みます。日本海側の雪や雨も止んできそうです。

ただ、今度は西から天気は下り坂に向かいます。6日夜には九州から雨が降り出してくるでしょう。

週間予報を見ると、6日から7日にかけては西日本や東日本の太平洋側でも天気が崩れそうです。今回は雨のところが多そうですが、雪になる可能性もなくはないので、必ず最新情報で確認するようにしてください。

そして、来週は気温が高いというのが特徴です。関東から西では晴れて12度から14度くらいまで上がる日もあるでしょう。鹿児島では連日15度を超えて、新年明けたばかりですが、春本番のような暖かさが続きそうです。