×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 「敢闘必勝」沖縄戦から78年 「兄が帰ってきてうれしい」札幌の遺族に日章旗を返還

「敢闘必勝」沖縄戦から78年 「兄が帰ってきてうれしい」札幌の遺族に日章旗を返還

2023年12月4日 19:01
「敢闘必勝」沖縄戦から78年 「兄が帰ってきてうれしい」札幌の遺族に日章旗を返還

戦争中出征する兵士に贈られた「日章旗」。

兵士たちは日章旗に書かれた「寄せ書き」を、お守りとして片時も離さず身に着けていたといいます。

太平洋戦争の沖縄戦から78年。

札幌の男性の遺族のもとに日章旗がもどってきました。

(アメリカ兵の息子 グレッグ・マッコラムさん)「お会いできるのを心から楽しみにしていました」

(吉原さんの妹 児玉陽子さん)「兄の大事な旗を大事に保管して頂いて本当にうれしく思っています」

3日に札幌市内で日本とアメリカの遺族が初めて対面しました。

アメリカ兵が持ち帰った「日章旗」が札幌の遺族に返還。

実に78年ぶりのことです。

『祝・入営、吉原一徳君』そして『敢・闘・必・勝』。

この旗の持ち主は旧日本軍の兵士、1945年の沖縄戦で21歳の若さで戦死した、札幌出身の吉原一徳さんでした。

78年前「ありったけの地獄を詰め込んだ」といわれた沖縄の戦いでは、わずか3か月あまりで24万人以上が亡くなりました。

旧日本軍の兵士が身につけていた「日章旗」は「戦利品」としてアメリカ兵の多くが持ち帰っていました。

日章旗に書かれた寄せ書きから78年ぶりに、兄の遺品は何一つなかったという妹の陽子さんのもとへ。

(吉原さんの妹 児玉陽子さん)「さみしいよりも兄が帰ってきて本当にうれしくてね。グレッグさん、感謝しています」

(アメリカ兵の息子 グレッグ・マッコラムさん)「吉原さんの遺品を遺族に返すことができ、私たちも心の区切りとなった」

戦地に向かう兵士に無事を祈って贈られた「日章旗」。

歳月が流れ記憶が薄れる中、受け継がれた「遺品」が戦争の悲惨さを伝えています。

    札幌テレビのニュース