×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 東大と京大を率いる元ギャングスター 日本アメフト界の名将らが語る“根性論の行方と国立大の戦い方”

東大と京大を率いる元ギャングスター 日本アメフト界の名将らが語る“根性論の行方と国立大の戦い方”

2023年9月17日 12:01
東大と京大を率いる元ギャングスター 日本アメフト界の名将らが語る“根性論の行方と国立大の戦い方”
京大HC藤田氏(左)と東大HC森氏(右)

冷たい雨が落ちる5月14日。京都大学と東京大学の定期戦「第65回双青戦」がアミノバイタルフィールドで行われました。

京大を率いるのは藤田智HC、対する東大の指揮を執るのは森清之HC。

ともに京大出身の同門対決は、Xリーグ時代は何度も顔を合わせていましたが、大学チームを率いての対戦は今回が初。そして、藤田HCの1学年下で同じクオーターバック(QB)だった"直属"の後輩である佐野徹氏(日本テレビ社長室)が先輩同士の戦いを見つめていました。

現役時代は京大でプレーした3人が、それぞれが立場を変えて一堂に会し、試合後には佐野氏が両指揮官へ自らインタビューを行いました。

■ともに日本代表HCの経験がある二人、同門から東大・京大のHCへ

Xリーグでライスボウルを5度制覇、アメリカンフットボール日本代表ヘッドコーチ(HC)も経験した藤田智氏が、甲子園ボウルを6度制覇した名門、京大ギャングスターズのHCに就任するというニュースが3月に報じられました。

京大時代はQBを務め、指導者になってから多くのタイトルを獲得した名将が、なぜ母校に戻って来たのか。藤田HCは現場復帰するつもりはなかったそうですが、「もう1回戻ってもいいのかなという気持ちになったからです。OBで帰ってきたという形になっていますが、仕事というつもりでやっています」と理由を説明。あくまでもプロのコーチとして、母校のHC就任を引き受けたそうです。

藤田HC は指導者として、Xリーグではアサヒ飲料チャレンジャーズで1度、富士通フロンティアーズで4度ライスボウルを制覇。社会人のトップチームで通用したメソッドを学生に対してもその経験を生かしたいが、まだ模索中のようです。

藤田「まだ自分でもわかっていなく、手探りの状態。社会人でやったことを、そのまま学生にやるのは無理。社会人でやったことの中にいくつかコンセプト的に京都大学の学生でも通用することはあると思います。どれくらいの時間がかかってどれくらい強くなるかまだ見えていないので、そこら辺の感触はまだないです」

一方、藤田HCの大学の先輩でもある東大の森HCは東大ウォリアーズを率いて今年で7年目。就任2年目の2018年に東大史上初のTOP8に昇格し、さあこれからという時の2020年に全世界が大打撃を受けた未曾有の危機に直面しました。

森「新型コロナウイルスの影響がとても大きかったです。勧誘もできない、練習もできない状況で、まったくアメフトを知らない素人から育てないといけない。僕らにとって、この3年間はものすごく痛かったです。秋シーズンは何とか試合をできたといっても、選手たちが一番成長する2年生と3年生の春シーズンにほとんどできなかったことはものすごく大きかった。20歳未満の大学生たちが精神的にも成熟していく時期です。アメフトの技術以上にフィールド外でのコミュニケーションが凄く大切だと改めて思い知らされました」

それでも、「今年を乗り切れば、コロナの負債を返せるという見通しがやっと立ってきた。これからだと思います」と上昇気流に乗る手ごたえを感じています。

■約40年前は“根性論”全盛…現在は「根っこは意外に変わっていない」

藤田、森の両HCはともに日本代表HCまで上りつめた国内屈指の名将です。しかし、国立大は、推薦などで選手集めができる私立大と圧倒的な差が生まれてしまいます。それでも、森HCは、そんなハンデにもめげずに現有戦力をどう生かすか工夫をし、逆境をも楽しんでいます。

森「理想はありますが、現実主義でいかないと立ち行かないことが凄く多い。自分のやりたいことや理想は置いておいて、現実的に今の状況や環境のなかでどうしていくか。それとまったく矛盾するけど、当たり前にやったら私立大の名門校には勝てないので、現実路線でいきながらも、そこでとどまっていたらいつまで経っても勝てない。そこの相反する部分をどうしていくかが凄く難しい。難しいからこそ面白いと思います」

国立大という同じ条件下の藤田HCも、「条件が限られていて、その条件の中でどのようにやるかを求められているので、その辺りは参考にします」と先輩のやり方を倣っています。

藤田HCが京大に入学したのは1986年。今から40年近くも前で根性論が全盛の時代でした。アメフト部は今より厳しかっただろうと容易に想像がつきます。当時のギャングスターズを知る藤田HCの目に現在の京大生は、昔と比較してどのように映って見えるのでしょうか。

藤田「わからないですね。比べようがないというか、若い頃に感じていたことと今感じていることが違うので、比較は難しいです」

一方の森HCも、「やっぱり違いますよ」と言いながらも、「藤田コーチが言うように、一概には比較できない。表面はだいぶ変わったように見えるけど、根っこは意外に変わっていない気がします。そこを拠り所にしないと、なかなか自分の精神衛生上良くない気がします」と笑い、現在の学生も自分たちの時代とは根底が変わっていないことを願っています。