日テレNEWS
スポーツ
2022年6月5日 15:30

巨人・山崎伊織が3回途中で降板 ファンも厳しいコメント「戦う顔をしていない」

巨人・山崎伊織が3回途中で降板 ファンも厳しいコメント「戦う顔をしていない」
3回途中でマウンドを降りた巨人・山崎伊織投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 巨人-ロッテ(5日、東京ドーム)

巨人の先発・山崎伊織投手が3回途中で降板しました。

2-2の同点で迎えた3回。山崎投手はロッテの2番・マーティン選手にデッドボール。続く中村奨吾選手にもデッドボールを与え、1アウト1、2塁のピンチを招きます。

ここでマウンドに選手、コーチが集まりますが、投球は続行。しかし、次の佐藤都志也選手にはフォアボールで、ピンチを満塁に広げたところで降板しました。

そして2番手としてマウンドを任された菊地大稀投手がレアード選手の犠牲フライで勝ち越しを許しますが、続く角中勝也選手を三振に打ちとり、最少失点で凌ぎました。

SNSでは「山崎伊織はまだまだ下かな」「戦う顔をしていない」と厳しいコメントが見られました。