日テレNEWS
スポーツ
2022年6月11日 17:25

8回巨人のマウンドに上がった井納翔一 浅村栄斗のピッチャー強襲で負傷交代

8回巨人のマウンドに上がった井納翔一 浅村栄斗のピッチャー強襲で負傷交代
浅村栄斗選手の打球が右足にあたり負傷交代した井納翔一投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 楽天8-1巨人(11日、楽天生命パーク)

8回、巨人のマウンドには井納翔一投手があがります。

茂木栄五郎選手、太田光選手に連打を許しますが、西川遥輝選手を内野ゴロに打ち取り、1アウト1、3塁。

しかし、浅村栄斗選手を迎える前にフォアボールで塁を埋めてしまい、1アウト満塁。

ここで浅村選手が打ち返したボールがピッチャー強襲で右足のふくらはぎ外側を直撃してしまいます。これでさらに1点を献上し、井納投手は負傷交代。平内龍太投手が代わりにマウンドに上がりました。

平内投手はここを見事ダブルプレーで抑えましたが、9回、巨人は7点差を詰め切れず、敗戦しています。