×

ジャッジがMLB打者指標で6冠 大谷翔平は5月の“8冠”から低迷し“無冠” HRでは9本差

2024年6月11日 16:16
ジャッジがMLB打者指標で6冠 大谷翔平は5月の“8冠”から低迷し“無冠” HRでは9本差
アーロン・ジャッジ選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)、大谷翔平選手(写真:アフロ)
5月上旬には一時MLBの打者指標で“8冠”を達成していた大谷翔平選手。しかし、ライバルになる選手が次々と飛び出し、大谷選手を抜いて快音を響かせています。

現在、MLBの打者指標6部門でトップに立っているのは、ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手。10日のドジャース戦では2試合連続となる第24号ホームランを放つなど、今季はここまで67試合に出場し、打率.305、24本塁打、59打点という成績です。

現在ジャッジ選手は、本塁打、出塁率、長打率、OPS、長打数、塁打数の6部門でMLB首位。

一方、大谷選手は5月中盤以降の長打が伸び悩み、直近11試合では47打数9安打の打率.191と低迷。好調だった長打も3本にとどまり、打者指標無冠とジャッジ選手に後塵を拝しています。

▽MLBトップの打者指標
・得点:ウィットJr.(56)
・安打数:アラエス(91)
・2塁打:ボーム(23)
・3塁打:デュラン(10)
・本塁打:ジャッジ(24)
・打点:ラミレス(62)
・盗塁:デラクルーズ(34)
・打率:アラエス(.325)
・出塁率:ジャッジ(.436)
・長打率:ジャッジ(.703)
・OPS:ジャッジ(1.139)
・長打数:ジャッジ(46)
・塁打数:ジャッジ(168)

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ジャッジがMLB打者指標で6冠 大谷翔平は5月の“8冠”から低迷し“無冠” HRでは9本差