日テレNEWS
スポーツ
2021年10月9日 19:25

佐藤心結「自分で褒めたい」アマ18歳首位

佐藤心結「自分で褒めたい」アマ18歳首位

◆国内女子ゴルフ スタンレーレディスゴルフトーナメント2日目(9日、静岡・東名CC)

2位タイで2日目をスタートした18歳のアマチュア・佐藤心結(さとう・みゆ)選手がトップタイで決勝ラウンド進出を決めました。

スタートのティーショットでは緊張していたという佐藤選手ですが、1番でバーディー発進すると“緊張が和らいだ”と2番でもバーディーを奪います。さらにパー5の3番ではイーグルを奪うなど前半だけでスコアを4つ伸ばし、賞金ランキング2位の小祝さくら選手とともにトップで折り返します。

後半は一転、我慢のゴルフに。13番まで4連続パーとすると、14番では約2mのパーパットを外しボギー。最終18番のバーディーパットは惜しくも外れました。それでも1イーグル、3バーディー、2ボギーの通算8アンダーのトップタイで最終日を迎えます。

プロツアーには過去3戦出場している佐藤選手ですが、すべて予選落ち。今回、4戦目で初の決勝ラウンド進出を果たし、「先週までは全くいい形になると思っていなかった。この位置にいられることに自分で褒めたい」と喜びを口にしました。

目標とする選手に畑岡奈紗選手をあげている佐藤選手。その畑岡選手は2016年、アマチュアとしてツアー4戦目の「日本女子オープンゴルフ選手権」で優勝しています。畑岡選手と同じく4戦目でのアマチュアVへ「このまま優勝できるように、明日も頑張りたい」と意気込みを語りました。


■2日目の主な成績
1位タイ  佐藤心結  -8
      小祝さくら -8
      工藤遥加  -8
4位    西村優菜  -7
5位タイ  渋野日向子 -6


写真:日刊スポーツ/アフロ