×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 平野歩夢「忘れられない記憶の一つ」金メダル獲得へ“挑戦の4年間” 今後は「自分を超えていく」

平野歩夢「忘れられない記憶の一つ」金メダル獲得へ“挑戦の4年間” 今後は「自分を超えていく」

2022年3月18日 19:32
平野歩夢「忘れられない記憶の一つ」金メダル獲得へ“挑戦の4年間” 今後は「自分を超えていく」
会見で金メダルを披露する平野歩夢選手 (写真:アフロ)
北京五輪スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを手にした平野歩夢選手が都内で会見に臨み、悲願達成となった“挑戦の4年間”を振り返りました。

「4年間は特別な、スケートボードで(東京)五輪というのも踏まえていたので、すごく苦労した年にはなった。そういった経験があってこそ今回の(北京)五輪本番で出た強みだったり、兄弟での出場も互いに高め合えたものでもあり、忘れられないような記憶の一つになった」

2018年にスケートボード挑戦を表明し、去年、夏の東京五輪出場を果たした平野選手。そのわずか半年後の北京五輪では、世界で唯一の大技を決め、悲願の金メダルを獲得しました。

これまで挑戦し続けてきた平野選手は、「常に挑戦し続ける姿というのは同じ人間のどこかに響くものかなと。見ている人にもそういった気持ちは少なからず届いていると思うし、結果以上にそういう部分が、本当のリアルな姿というか、見ている人たちにはそういった刺激を伝えられたらいい」と、スポーツを通して伝えたい思いを語りました。

そして、今後の挑戦については、「新しい技にもチャレンジしていきたいし、次の冬の五輪も続けていける限りはチャレンジしていきたい。自分を超えていかなければというところで、また新たな挑戦にも踏み出していきたい気持ちもあるので、決まり次第いろんな部分での挑戦はしたい」と、飽くなき挑戦への意欲も見せました。