×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 3戦連発の末包昇大を褒めちぎる新井監督「きのうはレフトできょうはライトですか。本人もつかんだと言ってました!」

3戦連発の末包昇大を褒めちぎる新井監督「きのうはレフトできょうはライトですか。本人もつかんだと言ってました!」

2023年8月31日 11:11
3戦連発の末包昇大を褒めちぎる新井監督「きのうはレフトできょうはライトですか。本人もつかんだと言ってました!」
末包昇大選手の3試合連続HRに大興奮の新井貴浩監督(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 広島2-1巨人(30日、京セラドーム)

広島は連日の1点差で巨人に勝利し、引き分けを挟んで4連勝となりました。

守備でチームを救ったのは、名手セカンドの菊池涼介選手。1-0のリードで迎えた4回、1アウト2、3塁と一打逆転のピンチでは、巨人・岡田悠希選手の痛烈な打球を捕球すると、自ら一塁ベースへ猛ダッシュで滑り込みアウト。素早い判断で2アウト目を奪います。さらに菅野智之投手の大瀬良大地投手のグラブをはじいた打球に最短距離で到達。すると素手で打球をつかみ素早く一塁へ送球し、間一髪のタイミングで3アウト。

大ピンチを無失点で切り抜ける鉄壁の守備に、新井貴浩監督は「彼にはいつも守備で助けてもらってます。本当に頼りになりますね」と感心しきりのコメントを残しました。

さらに攻撃では、2年目の末包昇大選手が活躍。5回、菅野投手の外角高めのストレートに反応。打球はぐんぐん伸びライトスタンドへ。3試合連続となる7号ソロホームランを放ち、貴重な追加点をもたらしました。

ホームランの瞬間、手をたたき大興奮となった新井監督。試合後には「末包さんすごいですね。きのうはレフトできょうはライトですか。本人もつかんだと言っていました!」と絶好調の末包選手を絶賛。首位阪神がDeNAに敗れたため、ゲーム差を『5』に縮めた広島。巨人戦カード3連勝に向けて「全員野球で頑張って戦いたいと思います」と話しました。