日テレNEWS
スポーツ
2022年5月2日 16:46

ロッテ先発がスゴい!“驚異の防御率1.49” 開幕から佐々木朗希、ロメロら好投が続く

ロッテ先発がスゴい!“驚異の防御率1.49” 開幕から佐々木朗希、ロメロら好投が続く
ロッテ7人の先発投手の防御率は1.49

開幕から1か月がたったプロ野球。ここまでパ・リーグ順位は5位と低迷するロッテですが、先発陣の安定感は12球団でずば抜けた成績を残しています。

【今季ロッテ先発投手の防御率】※5月2日現在
石川歩   0.87 3勝1敗(6試合)
佐々木朗希 1.50 3勝0敗(5試合)
ロメロ   0.60 2勝1敗(5試合)
小島和哉  2.77 0勝2敗(4試合)
美馬学   2.45 0勝3敗(3試合)
二木康太  0.69 1勝1敗(2試合)
本前郁也  2.45 0勝0敗(2試合)

◇ ◇ ◇

7投手が先発しているロッテですが、ここまで3点台のピッチャーは0人。先発の防御率は驚異の1.49をマークしており、理論上9回を投げれば2点以内に抑える計算になります。

規定回数に達している防御率のトップ10にも、リーグ1位にロメロ投手、チーム最多6試合に先発している石川歩投手、そして4月に完全試合を含む17イニングパーフェクトを達成している佐々木朗希投手が入っています。

今季はチーム打率.213と打撃で苦戦する中、抜群の安定感を見せるロッテ先発陣。今後のピッチングに注目です。