×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ラグビーW杯】日本代表の明暗握るアルゼンチン戦 勝利のポイントは“動かないスクラム”

【ラグビーW杯】日本代表の明暗握るアルゼンチン戦 勝利のポイントは“動かないスクラム”

2023年10月5日 6:02
【ラグビーW杯】日本代表の明暗握るアルゼンチン戦 勝利のポイントは“動かないスクラム”
ラグビー日本代表 左からリーチ マイケル選手、姫野和樹選手、坂手淳史選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
ラグビーワールドカップ2023フランス大会(9月8日-10月28日)

8日に決勝トーナメント進出をかけたアルゼンチン戦を控える、ラグビー日本代表。ワールドカップに3大会出場した元日本代表の大野均さんが、勝負のポイントについて語りました。

大野さんが挙げるポイントは、相手に押し負けない“動かないスクラム”。

サモア戦ではこの“動かないスクラム”を実践できたことで、スクラムの次のプレーでのパスの選択肢を増やし、準備してきたプレーを実行しやすくなったと語りました。

中でもポイントとなるのは“ファーストスクラム”です。一番最初のスクラムで押し負けないことは相手だけではなく、審判にも好印象を与え、試合を優位に進めることにつながるといいます。

サモアと同様にフィジカルに自信を持っているアルゼンチン。大野さんの言う“動かないスクラム”を日本代表は試合で見せることができるでしょうか。